シェーバーの寿命は何年?買い替えはどれくらいで判断すればいいのか

シェーバーの寿命は約4年ほどです。これは充電式のものが1度の充電で2~3日使えることで計算して割り出したものです。主に充電できるリチウムイオン電池は300~500回ほどの充電で寿命がきます。そのため、搭載している充電電池の寿命に合わせた数値になっています。

多ければいいワケじゃない!シェーバーは結局何枚刃がおすすめ?

「シェーバーの刃は多いほうがいいの?」と疑問に思う方が多いですが、結論は髭によって刃の枚数は変えるべきです。刃が多いほうが肌のダメージが最小限に抑えられることは確かです。そのため、最近のシェーバーは最低でも3枚刃以上あるものが多いです。しかし、刃が多くなる分、値段も大きさも上がることを意味しています。

カミソリはNGだけど電気シェーバーは機内持ち込みOK?

電気シェーバーは機内持ち込むことが可能です。カミソリは刃の長さによって刃物と扱われるため「NG」とする場合があります。国内の航空便のJAL・ANAで電気シェーバーがNGとなることはありません。しかし、機内は少しでも重量が軽くなるために1人の持てる容量に制限があります。

電気シェーバーのメンテナンス方法!オイルは必ず準備しよう

電気シェーバーは日々のメンテナンスが大事です。「カミソリより電気シェーバーの方がメンテナンスあって面倒」と言う方もいますが、電気シェーバーのおかげで朝の時間をどれだけ短縮できているのか考えてほしいです。 電気シェーバーのメンテナンス方法 最近では、自動洗浄の機能が内臓された電気シェーバーも売っています。しかし、どれも高いため未だ買っていない方の方が多いです。そのため、月に1回程度でも構わないので電気シェーバーを定期的にメンテナンスしましょう。 メンテナンスの基本は内部清掃 メンテナンスの基本は内部清掃です。後ほどオイルの重要性について紹介します。 電気シェーバーに付いている刃を外し、内部をあらわにします。 内部を乾燥したブラシで洗っていきます。ブラシが水で濡れていると、毛が付着して洗いづらくなるので避けましょう。 ヒゲくずを残さず、隅々まできれいに落としていきます。 内部にヒゲが溜まると雑菌の元になり、独特な臭いを発します。 内刃・網刃にはブラシは絶対にかけてはいけない 面倒でいっぺんに内刃や網刃までブラシをかけてしまう方がいます。しかし絶対にかけてはいけません。かなりカセット刃は精密なため、ブラシでも傷ついてしまいます。 そのため、取り外しできるものであれば下に叩いて毛を落とします。また、取り外しができない内部に一体型のものはブラシを差し込むようにして毛を落としていきます。水洗いできるものは水洗いを推奨します。 仕上げのオイルが1番重要 仕上げのオイルが刃の寿命と剃り味を左右します。電気シェーバーのメンテナンスで1番重要なポイントです。...